空き家対策の事例・実績・お役立ち動画等

Case#01 リフォーム費用がないため空き家だったケース 

Case#02 売るに売れない、貸すに貸せない物件だったため空き家だったケース 

Case#03 狭小な土地、古家付きだったために空き家だったケース 

Case#04 不動産会社から忘れられていたために空き家だったケース 

Case#05 使用できる人が限定されているために空き家だったケース  


不動産オーナー向けマーケティング講座#01 市場判断マトリクスで誰でもかんたん  


  

【動画】空き家を相続放棄しても良いですか?

【記事】「所有者不明土地の解消に向けた民事基本法制の見直しを日本一簡単に、そして大事なとこだけチェック」

【記事】「タケノコは採っていいけど、柿はダメ」←というのは古い!?


楽府の空き家対策セミナー

【実績】介護×空き家対策セミナー@厚木を開催いたしました

【実績】相続×空き家対策セミナー@国分寺を開催しました

【実績】相続×空き家対策セミナー@多摩を開催しました

【実績】相続×空き家対策セミナー@日野を開催しました

楽府の不動産マーケットレポート

2021年9月期 https://www.youtube.com/watch?v=V5WGoEJpAUg(2021年9月4日更新) 

2021年8月期 https://youtu.be/BEXy-ASgwos(2021年8月10日更新) 

2021年7月期 https://youtu.be/7k7ELxBYH2A(2021年7月2日更新) 

~楽府の不動産事業のご案内~

Ⅰ.不動産の売買及び賃貸の仲介

オーナー様からお預かりした物件を不動産市場でご紹介し、買手や借り手とマッチングさせ、最新の法に則って契約を完遂させ、お引渡しまでを責任をもって行います。

一般市場で売却いたしますので、最も不動産を有効に活用できる買手(借り手)による、その時点での最高値で不動産が売れる(貸せる)ことが多くなります。

一方、情報が広く浸透するまでに時間がかかったり、その時点では適切な需要者が市場に存在しないということもあり得ます。

その場合には必要に応じて条件を細かく調整する必要があります。

仲介手数料として、売買の場合、取引価格×3%+6万円+消費税。賃貸の場合、月額賃料+消費税を申し受けます。

Ⅱ.不動産の買い取り

オーナー様の不動産をオーナー様から直接買わせていただきます。

仲介手数料を支払わなくて良いというメリットがあります。

一般市場での売却に手間がかかる不動産であったり、現金がご入用であったり、気持ちの理由で対象不動産に関わりたくないという事情があったり、

というようなシーンでご利用いただくことが多いサービスです。

売却価格は、一般市場で売却するよりも安くなりがちですが、処分費用や機会損失を考えた時に、こちらを選ばれる方が良いケースがあります。

弊社では、一般市場で売却された場合と、買取サービスを利用された場合の二つの査定金額をお出ししますので、どうぞご検討ください。

Ⅲ.不動産のお引き取り

オーナー様のご不要になられた不動産をお引き取りさせていただきます。

売却も賃貸もできず、管理の手間もかかり、所有や相続のリスクが高いという場合にご利用いただけます。

お引き取りに当たっては処分費用を申し受けます。処分費用には、建物および工作物の解体、土壌汚染の除去、境界確定を含む権利関係の整理、法律への適合等のための諸費用及び手数料が含まれます。

共有持分、山林等のお引き受け可能です。ただし田・畑は原則としてお引き受けできません。

Ⅳ.不動産の管理(空き家・空き地を含む)

ご所有になられている不動産の管理を行います。

一般的な賃貸物件の管理や駐車場の管理に加え、空き家・空き地の管理まで行うのが特徴です。

空き家の管理には、月に一度の巡回、通気・通水、汚染・破損状況の確認、雑草繁茂の確認、写真撮影が含まれます。

賃貸物件や駐車場等の収益物件の管理は月額賃料の5%を申し受けます。

空き家の管理は一般的な宅地(200㎡以下の土地及び床)の場合、月額5,500円(税込) を申し受けます。